モルモットのトイレトレーニング方法!手順とポイントを解説

飼っているモルモットのトイレ掃除が大変で、それをストレスに感じている飼い主さんもいますよね。可愛いモルモットのケージの中を綺麗にしてあげたいと思うのは飼い主さんの親心ですが、忙しいとトイレ掃除も大変に感じてしまいます。

モルモットがトイレを覚えてくれたら楽だと考える飼い主さんもいるでしょう。でも、モルモットにトイレトレーニングをすることは可能なのでしょうか。

ここでは、モルモットにトイレを教える方法とポイント・飼い主さんの心構えについてお伝えします。モルモットがトイレを覚えてくれたら、毎日のトイレ掃除もとっても楽になりますね。

根気よくトイレトレーニングを頑張ってみましょう。

モルモットへのトイレのしつけ方法とにおい対策について

モルモットを飼いたいと思っていても、一般的にモルモットはトイレを覚えないということが気になりますよね...

【モルモットの飼い方】トイレを覚えさせる方法について解説

モルモットはペットとして飼いやすいと言われていますが、実際に飼うとなるとトイレを覚えないという習性が...

モルモットのトイレのしつけ方のコツや覚えられるための工夫

モルモットのトイレのしつけ方について、お悩みの飼い主さんも多くいるかと思います。子供が欲しいと言...

モルモットのトイレでおすすめな選び方としつけのコツ

モルモットにはどんなトイレがおすすめなのか、これからモルモットを飼おうとしている場合に一番悩むポイン...

モルモットのトイレトレーニングは大変

まずモルモットは、基本的にトイレを覚える性質ではない、ということを覚えておいて下さい。

モルモットにトイレトレーニングをしたからといって、必ず成功するわけではないことを前提にしておきましょう。

モルモットのケージの掃除が大変だと思う理由に、排泄物の量の多さがあると思います。
小動物にしてはたくさん食べますし、その分排泄も多いですよね。

あの小さな体で多くの排泄をするということは、排泄の頻度もなかなかのものです。
掃除をしてもしても…と感じたこともあるでしょう。

それもそのはずです。
モルモットは非常に基礎代謝の高い動物で、尿意を感じてから我慢出来る時間がほとんどありません。
尿意を感じたと同時にその場でおしっこをします。

便はおしっこよりは決まった場所にすることがありますが、それでも毎回同じ場所とは限りません。
それはどのモルモットも同じです。

トイレトレーニングも大変ですが、少しでも決まった場所に出来るようになると掃除の手間や臭いにも効果を発揮してくれそうですね。

モルモットのトイレトレーニングの方法と手順

では実際のモルモットのトイレトレーニングの方法を紹介していきましょう。

トイレを覚える習性はありませんが、ケージの隅に排泄をする傾向があります。
隅だけではない個体もいるので、傾向がある程度だと理解して下さい。

また一度排泄した場所には臭いが残っているので、またそこに排泄をするという傾向もあります。

この二つの傾向を上手く利用して、トイレトレーニングをしていきたいと思います。

まずハウスは底のないものがおすすめです。
ペットシートや牧草を置いておきます。

そこに排泄することが多くなったら、ハウスを撤去してトイレのみの空間にします。
モルモットがソワソワするようなら、ハウス付きのトイレのようにしても構いません。
ストレスを与えないようにしていきましょう。

モルモットの食べながらでも排泄をするという習性を生かして、トイレで餌や水を飲む環境を作ってもいいかもしれません。

餌を食べているときに排泄する場合は、全部同じ場所にしてくれるということになります。
徐々に他の場所での排泄も少なくなってきます。

いずれにしても、トイレ以外の場所に臭いを残さず、トイレの場所には臭いをあえて残しておくようにしましょう。
他の場所にも臭いが残っていると、いつまでもトイレの場所を認識してくれません。

モルモットのトイレトレーニングは褒めることが大切

モルモットのトイレトレーニングには、時間も根気も必要ですが、失敗しても決して怒ったり叩いたりしないで下さい。

なぜ怒られているのかを理解出来ず、今までの信頼関係も崩れてしまいます。

失敗しても何も言わずに掃除をしてあげて下さい。
そして成功したときには、たくさん褒めてあげて下さい。

モルモットはコミュニケーションを取れる動物なので、優しく撫でてもらったり、優しい声で話しかけてもらうことは嬉しいことです。

好きな餌やおやつをご褒美にあげてもいいですね。
上手に出来たらいいことがある、と認識してもらえばモルモットのトイレへの意識も変わるかもしれません。

トイレトレーニングのポイントは完璧を求めすぎないこと

モルモットのトイレトレーニングには、同じ小動物のうさぎやハムスターのようにトイレが出来るというゴールは求めないで下さい。
同じ場所に出来るようになるということで、絶対にトイレだけで排泄をするようになる、ということではありません。
完璧なトイレを求めてはいけません。

完璧ではなくても、ある程度決まった場所でトイレをしてくれたら今までよりかなり助かりますよね。

中には床材を角だけに置いたら、角以外にはしなくなったという飼い主もいるようです。
今まではケージのあちこちに排泄をして、遊んでいるときに床材を蹴るものだから、ケージの外に床材や便が散らかって困っていたそうです。
角だけですると、蹴り飛ばしても汚れが少なくて済むようになったようです。

同じような場所にしてくれると、掃除も一箇所の排泄をサッとまとめるだけなので、あちこち掃除していたときより手間は少なくなるでしょう。

なんか角の方にすることが多くなったな、くらいでもモルモットにとっては大きな進歩です。

モルモットのトイレトレーニングがうまくいかないときは

いろいろ試行錯誤しても、上手くいかないこともきっとあるはずです。
そんなときは、掃除も楽なペットシートがおすすめです。

おしっこも吸収してくれるので、便も一緒にまとめるだけで片付けられます。

おすすめのペットシートの使い方が、直にペットシートの上で排泄をするのではなく、ペットシートの上に一枚網を乗せます。
というのも、モルモットは自分の排泄物の上で寝てしまうことがあるのです。

こんなことをしては、排泄の掃除の他のモルモットの体も汚れを取る手間がありますよね。

網を乗せるだけで、寝てしまっても直接排泄物が体に付着しないのでとても楽になります。

網を外してペットシートを片付ければ大丈夫なので、排泄のたびに掃除に追われるという手間もなくなります。

モルモットの足が挟まらないように、網のサイズには気を付けてあげましょう。