モルモットがペットシーツを噛むのは危険。上手な使い方と対策

モルモットの糞尿対策にペットシーツを使っている人もいると思いますが、モルモットがペットシーツを噛むことがあります。

本来は「噛む」・「かじる」生き物なので何でも噛んでしまうのです。
ですが噛んだペットシーツを飲み込んでしまう場合には注意しましょう。

モルモットの体内に入ってしまうと、消化することが出来ずにモルモットが辛い思いをしたり病気になってしまう場合があります。

ペットシーツはとても便利なのでなんとかして使いたいという方に、オススメな使い方を紹介します。
ペットシーツにも種類がありますので布製のタイプを使ってもいいでしょう。

他に床材に使える物やポイントも紹介します。

モルモットに小屋は必要なワケと、NGな小屋とオススメな小屋

もふもふのモルモットの画像を見るだけでも癒やされてしまいますね。実際に飼って育ててみたい、毎...

モルモットの巣箱を手作り!お気に入りの隠れ家を用意しよう

モルモットの巣箱を手作りしよう!ホームセンターやネットで購入できる巣箱もいいけど、ウチのモル...

モルモットのために電気代を節約しながら寒さ対策や快適な環境を

モルモットを飼い始めることで電気代が上がるのではと心配なあなた。子供にせがまれてモルモットを飼い...

モルモットと犬の同居で癒やされ感倍増。相性と注意点を紹介

動物が好きで色々な動物に囲まれて過ごしたいというご家族も多いと思います。モルモットと犬が仲良...

モルモットのケージの正しい選び方のコツと注意点とは

モルモットをこれから飼いたいと考えているあなた。しかし、初めてモルモットを飼うとなると、どんなケージ...

モルモットをリビングで飼うことのメリットや工夫と注意点

モルモットをリビングにケージを置いて飼いたいと考えているあなた。子供のためにモルモットをペットと...

モルモットの保温管理方法と、寒い時期に家で留守番をさせる場合

春にモルモットを飼い始めて、初めての冬。いままでは暑さ対策をしていたけれどこれからは寒さ対策をしなく...

モルモットの小屋をすのこを使って自作する方法をご紹介します

趣味でDIYをしている人は、自宅で飼っているモルモットの小屋を自作してみたいと考えることもありますよ...

モルモットの小屋の作り方の紹介。簡単・安全・広々タイプで選択

子供が欲しがっていた念願のモルモットを飼うことに決まり、飼育方法を検索していませんか?モルモ...

モルモットのケージ選びは安全性と掃除しやすいことが大切

家族と相談してモルモットを飼うことになったら、モルモットを飼うためのケージも必要ですよね。モ...

モルモットのケージ。飼育に適した大きさについて

モルモットは放し飼いにすることはできません。モルモットは捕食動物なので、隠れる場所が必要です。...

モルモットの床材におすすめはスノコ!メリットや掃除方法とは

モルモットには床材に何がおすすめなのか、モルモットの飼育初心者だと悩んでしまいます。子供が欲しい...

モルモットの床材に金網はNG?モルちゃんに適した床材とは

モルモットの床材に金網ってダメなの?モルモットを飼い始める時に買ったケージについていた金網の...

モルモットに水槽は使える。使う場合のメリットと注意点とは

モルモットはハムスターよりも大きく成長し、うさぎほどの大きさにまでなります。大きさに合わせたケー...

モルモットがペットシーツを噛むのを防ぐオススメな使い方

モルモットは小さな体の割にはよく食べてよく排泄をします。

排泄は便だけではなく尿も多いのが問題です。そのためペットシーツを敷くと飼い主さんにとっては掃除が楽になって便利なんですよね。

しかし噛まれるのは困ります。そこでペットシーツに工夫をして使用している飼い主さんが多く見られます。

一番多い方法としてはすのこや金網の下にペットシーツを敷いて、噛まれないように対策をとり、かつ掃除をしやすいという方法ですが、まだ小さなモルモットを飼育している方は、すのこでも小さな隙間に足を取られてしまうことがあるようです。またすのこから少しでもペットシーツがはみ出していると、そこから引っ張り出して噛みちぎるのではみ出しにも注意が必要です。

そこで、すのこや金網を使用しない方法として、タオルをペットシーツの上に置く方法もあります。

ペットシーツが見つかってしまう場合は、タオル2枚で挟んで使用しましょう。

コレならペットシーツが見つかることがなく、噛みちぎられることもありません。しかしタオルは尿でしっかりと汚れてしまうので、毎日洗って取り替える手間が必要となります。

 

ペットシーツを噛むモルモットに色々な対策法を紹介します

ペットシーツを使いたい飼い主と、ペットシーツを噛むモルモット、解決方法としてペットシーツをモルモット噛まないようになるのが一番です。

そこでペットシーツ対策は上記したものの他には、どのようなものがあるのか、皆さんはどのように対策をとっているのかを調べてみました。

まずは一番多いのがペットシーツにすのこを敷く方法です。ペット用のすのこ板ならかじっても安心!そして尿や糞はすのこの隙間から下へと落ちてペットシーツがキャッチするので、掃除もラクラクです。

このときの注意点は先程もお話したように、小さなモルモットはすのこの隙間でも足が挟まる可能性があるということ。またすのこから少しでもペットシーツの先がはみ出すと、そこから引っ張り出しかじってしまうので、設置には注意が必要です。

この問題点を解決する方法としては、隙間をもっと小さくしたものなら小さなモルモットでも安心して使用することが出来ますね。そこで思い浮かぶのがすだれです。小さなモルモットもすだれならペットシーツの上に敷いても、足が下に落ちて挟まることがありません。

またトイレシーツを使い捨てではなく、布用のものに変える方法もあります。コレはトイレシーツをタオルで挟んだときのように洗濯が必要です。

さらに洗い替えも何枚か用意して置かなければなりません。やはりモルモットの快適さを考えると、飼い主さんの手間が増えてしまいます。

その他にはモルモットの足の裏への刺激も優しい、樹脂製に穴が空いたマットも販売されています。

いろいろな床材が販売されていますが、モルモットの性格によっても好き嫌いが違ってきますので、よりお家のモルモットと相性の良いものを使用して対策を行ってくださいね。

モルモットの環境が急に変わるとペットシーツを噛むこともあります

モルモットによってはペットシーツなどを直に床に敷いておいても、噛まずに使用できる子もいます。うちの子は噛み癖がないから大丈夫!と話す飼い主さんも少なくありません。

しかしモルモットが何でも噛んでしまうことを噛み癖と言ってしまいますが、もともとモルモットが何かを噛むのは習性です。

齧歯目に属するモルモットは一生歯が伸び続けます。そのため牧草などのエサをすりつぶしながら食べることで、歯を一定の長さに保っているのです。

歯が伸びすぎるとかゆみを伴うために、あらゆるものをかじって歯の伸び過ぎやかゆみを取り除こうとします。また環境が変わることのストレスによって物をかじることも多々見られます。

モルモットはちょっとした環境の変化でもペットシーツを噛むようになる

ケージの位置を変えたり、大きいものに変更したりするだけでも、モルモットが微妙な環境の違いを察して急にペットシーツを噛むようになることもありますので、注意をしましょう。

このような場合は一度ペットシーツを噛めないように対処を施し、新しい環境への生活に徐々に慣れてくると、また普段どおりに生活が出来るようになり、ペットシーツが表面に出ていても噛まないようになることもあります。

まずはペットシーツを噛んで飲み込んでしまっては大変なので、先述したような対処方法を試してみてください。

モルモットの足の裏はこまめにチェックしてあげましょう

モルモットは排泄が多いので、飼育している方はどのようにすると掃除を簡単に済ますことが出来るのか、頭を悩ませることが多く、モルモットを飼育する上での問題点にもなります。

金網の下にペットシーツを敷くと、排泄物が下に落ち、ペットシーツを交換するだけで日々の掃除を済ますことが出来るので、飼い主さんにとっては楽な方法ですが、モルモットにとっては金網に網が引っかかってしまったり、爪を傷めたりと怪我の危険性がつきまといます。

もし赤くなっている場合は、床材が合っているか、爪は伸びていないか、また太り過ぎが足に負担をかけている場合もありますので、原因を突き止めて解消してあげるようにしてください。

またモルモットの足の裏は柔らかく、硬い金網などの床材の上で生活をすると、タコが出来たように固くなってしまったり、ときには潰瘍ができてじゅくじゅくしてしまうこともあります。

このようになってしまうと自然に直すことは難しく、獣医で診察を受けて治療を行わなければいけません。

ひどくなってしまうと長い治療期間がかかったり、外科的な治療が必要となることもあるので、モルモットの足の裏はこまめに炎症が起きていないかを確認しましょう。