モルモットの床材におすすめはスノコ!メリットや掃除方法とは

モルモットには床材に何がおすすめなのか、モルモットの飼育初心者だと悩んでしまいます。
子供が欲しいと言って飼うことになったモルモットだけど、きっとこれからお世話をするのはきっと私になるはずと思っていませんか?
どうせならモルモットも快適で掃除もしやすい床材を選びましょう。

モルモットを飼う初心者におすすめな床材はスノコです。
そこで、床材のおすすめなスノコのメリットや安全なスノコとは、また床材の掃除の頻度や簡単に掃除できる工夫などについて説明しましょう。
きっとこれを読んだら、モルモットにもあなたにも快適な床材選びができますよ。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

モルモットの巣箱を手作り!お気に入りの隠れ家を用意しよう

モルモットの巣箱を手作りしよう!ホームセンターやネットで購入できる巣箱もいいけど、ウチのモル...

モルモットをリビングで飼うことのメリットや工夫と注意点

モルモットをリビングにケージを置いて飼いたいと考えているあなた。子供のためにモルモットをペットと...

モルモットのケージ。飼育に適した大きさについて

モルモットは放し飼いにすることはできません。モルモットは捕食動物なので、隠れる場所が必要です。...

モルモットのために電気代を節約しながら寒さ対策や快適な環境を

モルモットを飼い始めることで電気代が上がるのではと心配なあなた。子供にせがまれてモルモットを飼い...

モルモットのケージ選びは安全性と掃除しやすいことが大切

家族と相談してモルモットを飼うことになったら、モルモットを飼うためのケージも必要ですよね。モ...

モルモットに小屋は必要なワケと、NGな小屋とオススメな小屋

もふもふのモルモットの画像を見るだけでも癒やされてしまいますね。実際に飼って育ててみたい、毎...

モルモットがペットシーツを噛むのは危険。上手な使い方と対策

モルモットの糞尿対策にペットシーツを使っている人もいると思いますが、モルモットがペットシーツを噛むこ...

モルモットの床材に金網はNG?モルちゃんに適した床材とは

モルモットの床材に金網ってダメなの?モルモットを飼い始める時に買ったケージについていた金網の...

モルモットの保温管理方法と、寒い時期に家で留守番をさせる場合

春にモルモットを飼い始めて、初めての冬。いままでは暑さ対策をしていたけれどこれからは寒さ対策をしなく...

モルモットのケージの正しい選び方のコツと注意点とは

モルモットをこれから飼いたいと考えているあなた。しかし、初めてモルモットを飼うとなると、どんなケージ...

モルモットの小屋の作り方の紹介。簡単・安全・広々タイプで選択

子供が欲しがっていた念願のモルモットを飼うことに決まり、飼育方法を検索していませんか?モルモ...

モルモットの小屋をすのこを使って自作する方法をご紹介します

趣味でDIYをしている人は、自宅で飼っているモルモットの小屋を自作してみたいと考えることもありますよ...

モルモットに水槽は使える。使う場合のメリットと注意点とは

モルモットはハムスターよりも大きく成長し、うさぎほどの大きさにまでなります。大きさに合わせたケー...

モルモットと犬の同居で癒やされ感倍増。相性と注意点を紹介

動物が好きで色々な動物に囲まれて過ごしたいというご家族も多いと思います。モルモットと犬が仲良...

モルモットを飼う初心者におすすめな床材はスノコ

モルモットを飼育する時に一番最初に購入するのがケージだと思います。そこでペットショップなどを回ってみると気がつくことがあるはずです。ハムスター用のケージは沢山種類があるのに、モルモット用がないという点です。

そのため皆さん、うさぎ用のケージを利用する方が多いんですよね。そしてそこに付属されているのは網状になっている床材です。こちらのメリットは糞などの排泄物が床材の下に自然と落ちるので、いつも清潔にモルモットが過ごせるという点です。

しかし元々がうさぎ用ですから、モルモットを飼育する場合には、うさぎよりも小さな足をこの網に引っ掛けてしまう場合が多いのです。このような問題点を解消するために、飼い主さんはケージに付属されている床材を、違うものに交換される方が多くなります。

そこでおすすめなのがスノコの床材、スノコはご存知の通り小さな細い隙間があります。ここから排泄物が下に落ち、しかも隙間の幅が狭いので足がおちる心配はなくなります。

しかし床の板の幅が広いということは、その分汚れも付着しやすいということです。そのため掃除の回数は必然的に増えることのなってしまうのです。でも、可愛がっているモルモットが怪我をするよりは良いですよね。

モルモットの床材には天然の木のスノコがおすすめ

モルモットの床材には安全性のある天然の木のスノコを選ぼう!

モルモットは何でもかじる性質があります。これは永遠に伸び続ける歯をすり減らすために本能的に行っていたり、時にはストレスでかじる場合もあります。どちらにしても近くにあるものは全てかじってしまうと考えて良いので、スノコも安全性の高いものを使用するべきです。

スノコは釘を使っているものや、塗料が塗られているものなどが販売されています。そのようなものが価格が安い場合もありますが、これらはモルモットの床材としては不向きです。

天然の木を使用しているもの、釘や塗料などが塗られていないもの、またモルモットの足が挟まらないように隙間の狭いものを購入しましょう。

またモルモットの飼育にぴったりなスノコが見つかったら、お掃除の取り換え用に2枚以上購入することも重要です。

取り替えようがあれば、スノコを水洗いしてしっかりと天日干しをすることが出来て便利ですよ。

モルモットの床材におすすめなスノコにも種類がある

先述したようにモルモットの床材は、網目や隙間がある物が掃除をしやすいと言うメリットがあります。

しかし網目状のスノコは掃除が楽なメリットがありますが、足を挟んで怪我をする危険性があり。園芸用に使われるような金属製のスノコでも同じことが言えます。

また足に当たる柔らかさでいうとシリコン製のスノコも適材といえますが、モルモットがかじって誤飲してしまった場合を考えると安全ではありません。

プラスチックのスノコに関しても誤飲に関しては同じです。また中には硬いものもあり足の裏に与える影響を考えると、スノコだけ単品では使用するというよりも、その上に牧草などを置いて使用する方が多いようです。

これらの点を考えて、隙間が狭く怪我をする可能性が少ない、またかじった場合でも安全であるという点から天然の気を使用している木製のスノコがおすすめだというわけです。

しかし隙間が狭いということは、汚れやすいということでもあるので、まめに掃除をする必要はありますね。

もちろん天然の木を使用しているスノコでも、隙間が広いものもありますので、しっかりとそちらもポイントとして選んで事を忘れずに!

床材の掃除は毎日必要!簡単に掃除できる工夫

モルモットを飼育する場合、毎日の床材の掃除が必要

掃除を怠ると臭いがするだけでなく不衛生になりモルモットだけでなく、飼い主にも影響を及ぼします。

そこで床材の掃除方法ですができれば簡単に済ませたいですよね。そこで便利なのがやはりスノコ!スノコを敷いている場合は排泄物がスノコの隙間から落ちて行くので、下に落ちている糞を掃除することで毎日の掃除を済ませることが出来ます。

さらに下に新聞紙やペットシーツを敷いておくことによって、それを取り替えるだけで主な汚れを取り除くことが出来て、さらに手間を減らすことが可能です。

しかし毎日の掃除はモルモットのケージをキレイにするだけが目的ではありません。ケージを毎日確認することで、モルモットの体調も知ることも重要な目的です。

例えば水や餌が減っていなかったら食欲がないことがわかりますし、便の様子を見ることで病気になっているのではないかを、すばやく察知することが出来ます。

また毎日排泄物をキレイに取り除いていますが、定期的にケージ全体を掃除したり、スノコも洗ってキレイにしなければいけません。毎日の掃除に加え月に一回程度はケージの大掃除をして清潔にして上げてください。

スノコ以外にモルモットにおすすめな床材とは

スノコ以外にモルモットにおすすめの床材は牧草!

牧草はモルモットが自然に過ごす環境に一番近く、床材になるだけではなく餌として食べることも出来ます。

また保温性にも適しているので、寒い時期に牧草をケージに入れてあげるのは理にかなっているのです。

しかし牧草は掃除がしにくいことが問題点です。他の床材は掃除がしやすいけどもモルモットへの怪我の心配などがありました。牧草の床材は安全性は確保できるが、掃除はしにくいという間逆なメリットとデメリットが存在しています。

牧草を床材として使用する場合には、毎日排泄物で汚れている場所を取り除くこと、また定期的に全てを取り替えて、新しい牧草にする必要もあります。

交換を忘れると牧草は腐ってしまうこともあり不衛生だけでなく病気の原因となる可能性もありますので、十分に注意をしてください。

しかし他の床材を噛んでしまうよりも、牧草を噛むことはしっかりと繊維をすりつぶすので、歯が伸びることを防いでくれて、不正咬合の可能性も少なくなります。

牧草とスノコ、どちらも床材としてもメリットが存在します。お世話をする方のメリットも大切なことですが、モルモットへの影響も考えて選ぶことが一番です。

モルモットの飼育初心者の方は飼育方法に毎日気を使わなくてはいけません。最初のうちはケージの掃除をしやすいスノコの床材を、そして毎日のお掃除に慣れてきたら違う床材を取り入れてみるのも一つの方法ですね。