モルモットの価格が知りたい。手頃な価格と種類別の価格について

動物園で見かけて触れ合ったモルモットをどうしても飼いたい、と子供達におねだりされていませんか。

モルモットは見た目が愛らしいのでペットしても人気の動物です。

またなつきやすい子が多いため、子供達とも仲良く遊ぶことが出来るでしょう。
そこで飼うことを考えている時に気になるのが価格です。

まずは平均的な価格をみてみしょう。
手軽な価格もご紹介します。この価格なら子供のお小遣いでも買えそうですね。

モルモットを手に入れる方法はいくつかありました。併せてご覧ください。

モルモットのデメリットを理解して飼うかどうかを決めよう

子供の友達がモルモットを飼っていることを知って「うちでも飼いたい。」と子供に言われると、モルモットな...

モルモットに服を着せる時のコツと注意点。ストレスに注意して

ペットが洋服を着ている姿はとても可愛いものです。自分が飼っているモルモットにも服を着せてみたいと...

モルモットの種類による値段の相場と購入場所について解説します

子供と相談してモルモットを飼うことは決めたものの、どのくらいの値段がするのか気になりますよね。...

モルモットの毛並みが悪いなら定期的なブラッシングとシャンプー

最近モルモットの毛並みが悪いという気がしていませんか。モルモットには、ブラッシングが必要なの...

モルモットは臆病だからストレスを与えない飼い方の工夫を

モルモットは臆病でストレスに弱い動物です。飼い始めたモルモットがとても臆病で全くケージから出てこない...

モルモットを1ケージで多頭飼いすることは可能だが注意が必要

モルモットを新たに迎え入れたいけど、1ケージで多頭飼いしてもいいのかと悩んでいませんか?既に...

モルモットの飼い方とは?ケージの選び方や設置場所を紹介します

モルモットの飼い方で悩んでしまうのがケージの決め方ではないでしょうか。初めてモルモットを飼う場合、ど...

モルモットに散歩は必要。室内散歩で十分な理由と注意点とは

もこもこの見た目がかわいいモルモット。見ているだけで癒やされますが、狭いケージの中でモルモットにはス...

モルモットがケージを噛むときの対策方法やストレス解消方法

モルモットがケージを噛むのは、どんなことが原因なのでしょうか?噛んでしまうのは仕方ないとわかっていて...

イングリッシュモルモットの飼い方!飼いやすいと人気の理由

モルモットを飼いたいというお子様と、どんな種類のモルモットにするかお悩みの方も多いと思います。モ...

モルモットは環境の変化に敏感!モルモットを迎える時のポイント

これから家にモルモットを迎えようと思っている人もいますよね。新しい家族が加わることにワクワクしている...

モルモットの基本的な飼い方と人気の種類【初心者向け】

お子様からペットが欲しいと言われ、モルモットを飼おうかどうかお悩みの方はいませんか?犬や猫のお世...

モルモットを飼う場合、メリットとデメリットではメリットが多い

モルモットを飼うことについてお悩みではないではないでしょうか。何事にもメリットとデメリットは...

モルモットの床材としてタオルを使う方法と注意すること

モルモットの床材には、牧草や木製チップ、スノコ、ペットシーツなどいといろなものがありますが、何にすれ...

モルモットの皮脂腺とは・皮脂腺から出る分泌液などの臭い対策

モルモットを飼育し始めたばかりの飼い主さんの中には、モルモットの臭いについて頭を悩ませている人もいま...

まずはモルモットの平均価格から紹介します

モルモットは犬や猫に比べると、価格は比較的お手頃なペットと言えます。

種類や希少価値によって価格にバラつきはありますが、総合的に平均すると5000円程度の金額になります。

スタンダードの多く普及しているモルモットであれば、もう少し安く購入出来ることもありますし、決して子供でも手の届かない存在ではありません。

モルモットの購入時に価格以外にも注目すべきポイント

安い価格で購入しても、体が弱く病院を頻繁に受診する必要があれば、その分かかる金額は増えることになります。

このようなことも含めて、価格以外に注目すべきポイントも紹介していきます。

  • 毛並み
    モルモットの毛並みは、健康状態のバロメーターになっています。
    健康であれば艶が良く、体調が悪いと艶がなくなっていたり毛並みが整っていません。
    毛並みで健康状態を判断出来るなら、詳しい知識がなくても見極められそうですね。
  • 人間に対しての警戒心
    モルモットは臆病な性格をしていますが、愛情を持って接するときちんと応えて懐いてくれます。家族になるモルモットを探しに行ったとき、あまりに人間に対して怯えているようなら、飼った後もなかなか馴れてくれない可能性があります。また、馴れてくれないと健康状態など、大切なことを確認することも難しくなってしまいます。
  • 見に行くときは夕方以降
    モルモットは夜行性の動物です。
    日中見に行っても寝ていたり、活発に行動していないこともあります。
    これでは本来の姿を見ることが出来ません。モルモットの活発になり始める夕方以降に見ると、行動パターンや性格の違いなどを見ることが出来ます。

モルモットの種類によって価格は大きく違います

ここでは種類別のモルモットの価格の違いを紹介していきます。
同時に特徴についても触れていきましょう。

  • ショートモルモット
    一番スタンダードな種類のモルモットです。
    ペットショップや動物園で見かけるモルモットも、ほとんどがこのショートモルモットです。ブラッシングなどの手入れの手間がほとんど必要ないことや、モルモットの中では懐きやすい性格をしていることから、一番飼いやすいモルモットとされています。スタンダードなので価格も安く、2000~3000円で購入することが出来ます。
    毛色や年齢によって変動することもありますが、5000円以下で購入出来ることがほとんどです。
  • クレステッドモルモット
    ショートモルモットと非常に似ていますが、頭のつむじが特徴的です。
    クレステッドモルモットも、手入れの手間はほとんど必要ありません。性格は少々臆病ではありますが、懐くと自分からコミュニケーションをとろうとする可愛い一面があります。価格は10000円前後で、ショートモルモットに比べると高いことが多いでしょう。
  • スキニーギニアピッグ
    毛のない珍しいモルモットです。
    見た目が豚に似ていることから、このような名前が付きました。毛がないため、温度調節が苦手で皮膚病にかかりやすいという面があります。初心者には飼育が難しいかもしれません。価格は希少価値の高さから20000~40000円になります。これほど高価なモルモットもいるのですね。
  • ペルビアンモルモット
    柔らかな長い毛が特徴的なモルモットです。
    ブラッシングの必要はもちろんありますが、その毛並みの優雅さからモルモット好きの中では人気の種類です。最初は臆病な一面もありますが、懐くと鳴き声などでコミュニケーションをとってくれます。価格は毛色によっても変わりますが、8000~10000円で購入出来ることが多いです。

では価格が手頃で飼いやすいモルモットとは

価格、飼いやすさともにショートモルモットが一番おすすめです。

元々モルモットの原種がまだ野生で暮らしていた頃は、草食の小動物ということから外敵に狙われやすい存在でした。
身を隠し、群れを作り暮らすことで生き延びてきましたが、その名残からペットとして飼われるようになった今でも臆病で強い警戒心を持っています。

そんなモルモットの中で、ショートモルモットは人間との歴史が一番深く、最初にペットとして飼育されました。

そのため懐きやすく、社交的な性格をしているので、馴れるまでに時間のかかるモルモットの中では仲良くなりやすい種類です。

体毛も短く体に密着するように生えているので、お手入れの必要もほとんどありません。
気になったときにたまにブラッシングをする程度で大丈夫です。

体も丈夫な方で、強いストレスや温度管理、餌や飲水に気を付けてあげると病気をすることも少ない種類です。
寿命も平均で6~8年ほどなので、モルモットの中では短い方ではありません。

価格も2000~3000円程度と購入しやすく、総合的に考えて飼いやすさナンバーワンモルモットと言えるでしょう。

モルモットはどこで手に入るかを紹介します

モルモットの価格については、なんとなく理解して頂けたでしょう。

では実際にモルモットを飼育する場合、どこで手に入れることが出来るのでしょうか。

  • ペットショップ
    一番手に入れる方法として、一般的なのはペットショップですね。
    価格も割と安く購入出来る方法です。スタッフの対応や飼育環境も、選ぶ判断基準として考えておきましょう。
  • ブリーダー
    生まれた頃から面倒を見てくれているので、特徴や性格について熟知しています。
    飼育した後も親身に相談に乗ってもらえると、非常に心強いですよね。価格は様々ですが、場合によってはペットショップよりも高くなることもあります。
  • 知り合いや友人に譲ってもらう
    モルモットは繁殖能力の高い動物なので、増えてしまったので譲りたいという人もいます。
    そのような場合は無料で譲ってもらえることもあり、価格をグッと抑えることが出来ます。
  • 動物愛護団体
    事情があり飼育出来なくなったり、脱走して保護されたモルモットなどを引き取っている団体があります。病気や怪我の治療、人間との接し方の訓練、ワクチンなどを行ってくれる場合もあります。
    価格も安めなことが多いです。

モルモットを飼う場合、最初にかかる金額を確認しておきましょう

モルモットを飼う場合、かかる金額はモルモット自身の価格だけではありません。
ケージや餌入れなど、事前に必ず必要なものもあります。

  • ケージ
    安いものだと3000円程度から販売されています。
    モルモット専用のケージはほとんど販売されていないので、うさぎ用のケージをおすすめします。通気性の良い金網メッシュタイプが過ごしやすいでしょう。モルモットは排泄物の多い小動物なので、ケージは掃除のしやすさも大切です。
    構造が複雑だと掃除も大変なので、シンプルなケージがいいですよ。
  • 巣箱
    落ち着ける場所として、ケージ内に巣箱は必ず置いてあげましょう。
    身を隠す場所がないことは、常に恐怖や不安に晒されることになります。木製の巣箱がいいでしょう。800円程度から見つけることが出来ます。
  • 床材
    床材は牧草や木のチップが使われることが多いです。
    排泄物と一緒に処分しやすいものにしましょう。ペットシートも一緒に使うと、掃除が楽になるという飼い主もいます。床材やペットシートは500円程度から見つけられます。
  • 餌入れや給水器
    餌入れは陶器の重たいものだと、モルモットがひっくり返してしまうことを防げます。
    餌を散らかすと、腐敗や臭いの原因になるので、きれいに保てた方がいいですよね。モルモットは水を飲むことが大好きです。
    一日に500mlをも飲むことがあるので、給水器も忘れずに用意します。餌入れ、給水器ともに500程度から見つけられます。