モルモットの飼い方とは?ケージの選び方や設置場所を紹介します

モルモットの飼い方で悩んでしまうのがケージの決め方ではないでしょうか。初めてモルモットを飼う場合、どのようなケージを用意したらいいのか迷ってしまいますよね。

なるべく広いものにしてあげたほうがいいのでしょうか?それとも必要なのは高さ?ケージを選ぶときには、このようなことがポイントとなります。

また、ケージを選ぶときのポイントとして素材にも気をつけましょう。モルモットの住みやすい環境を作るのに欠かせない掃除。掃除のしやすいケージとは?

モルモットが安全でしかも掃除のしやすいケージはこのタイプのものとなります。そうそう買い換えるものではないので、きちんとしたものを選ぶコツを知っておくと安心ですね。設置するときには、このことにも注意しましょう。

モルモットの最初の掃除のポイントと効率的にする方法とは

モルモットの飼育をはじめると最初の掃除のタイミングややり方に悩みます。モルモットはよく食べるし、...

モルモットは遊ばせ方の工夫でストレスを与えない安全な飼育を

モルモットの遊ばせ方についてどんな風に遊ばせたらいいのかお悩みのあなた。モルモットをせっかく飼っ...

モルモットの床材としてタオルを使う方法と注意すること

モルモットの床材には、牧草や木製チップ、スノコ、ペットシーツなどいといろなものがありますが、何にすれ...

モルモットを抱っこをしようとしても逃げる!上手な抱っこの方法

モルモットを飼っていても、なかなか思うようになついてくれないとお悩みの方はいませんか?抱っこしよ...

モルモットの毛並みが悪いなら定期的なブラッシングとシャンプー

最近モルモットの毛並みが悪いという気がしていませんか。モルモットには、ブラッシングが必要なの...

モルモットのデメリットを理解して飼うかどうかを決めよう

子供の友達がモルモットを飼っていることを知って「うちでも飼いたい。」と子供に言われると、モルモットな...

モルモットを1ケージで多頭飼いすることは可能だが注意が必要

モルモットを新たに迎え入れたいけど、1ケージで多頭飼いしてもいいのかと悩んでいませんか?既に...

モルモットに散歩させる時の注意点とリードの必要性について

モルモットを飼う上で、いろいろな理由から散歩はさせた方がいいと言われていますよね。ケージから出してあ...

モルモットがトイレの砂を食べるときの対処法とメリット

モルモットがトイレの砂を食べるのを発見してしまったあなた。モルモットはトイレをなかなか覚えられな...

モルモットの鳴き声は賃貸アパートで迷惑になるのかについて解説

これからモルモットを飼おうか悩んでいる人で、賃貸のアパートに住んでいる人は、モルモットの鳴き声がご近...

モルモットがケージを噛むときの対策方法やストレス解消方法

モルモットがケージを噛むのは、どんなことが原因なのでしょうか?噛んでしまうのは仕方ないとわかっていて...

モルモットの種類による値段の相場と購入場所について解説します

子供と相談してモルモットを飼うことは決めたものの、どのくらいの値段がするのか気になりますよね。...

イングリッシュモルモットの飼い方!飼いやすいと人気の理由

モルモットを飼いたいというお子様と、どんな種類のモルモットにするかお悩みの方も多いと思います。モ...

モルモットを飼う場合、メリットとデメリットではメリットが多い

モルモットを飼うことについてお悩みではないではないでしょうか。何事にもメリットとデメリットは...

モルモットに散歩は必要。室内散歩で十分な理由と注意点とは

もこもこの見た目がかわいいモルモット。見ているだけで癒やされますが、狭いケージの中でモルモットにはス...

モルモットの飼い方で知りたいのはケージの大きさ

モルモットは小動物の中では、なかなかの大きさがありますよね。
体長は20~30cm、体重も性別によっての違いはありますが約1kg前後になります。

このサイズのモルモットが、不自由や窮屈さを感じないためには、ケージにどのくらいの大きさを確保したらいいのでしょう。

まずは必要な高さです。

モルモットはマイペースでゆったり行動することが多いです。
ケージの中で高くジャンプすることもほとんどありません。

なのでモルモットが立ち上がったときのことを考えても、30~40cmあれば問題ありません。

次に必要な幅です。

思いっきり運動をするわけではないので、寝転がるスペースがあり、餌入れや巣箱を置ける広さがあれば大丈夫でしょう。

と言っても余裕のないギリギリのスペースでは、やはり圧迫感を感じストレスになるので多少の余裕は必要です。

本来は100cm程度の幅があってもいいのでしょうが、なかなかこのサイズのケージを見つけることは出来ません。
60~80cmのケージが主流になっているので、ここから選択する必要にはなってしまいます。

モルモットのケージはプラ製よりもステンレス製がおすすめ

モルモットのケージ選びには、必要条件を満たしていれば絶対的な決まりはありません。
水槽や衣装ケースで代用している飼い主もいます。
キャスター付きの衣装ケースだと、掃除のときの移動がとてもスムーズに出来るそうです。

しかし衛生面から考えると、衣装ケースなどのプラスチック製のものよりステンレス製の方がおすすめなのです。

プラスチック製のケージだと通気性が悪く、汚れや臭いがどうしてもこもってしまいます。
排泄物が多く、トイレを覚えないモルモットの飼育には、この臭い問題は結構気になるポイントです。

さらに傷が付くとそこに雑菌が繁殖することもあるので、実はプラスチック製はあまりいいとは言えません。

それに比べてステンレス製ケージは通気性に優れています。
臭いもこもりにくく、さらに温度変化が苦手なモルモットにとっても、適度に通気性がある方が過ごしやすく感じます。

ステンレス製でもモルモットがかじったりして、傷が付くことはあります。
しかし耐腐食性に優れているので、雑菌などによる不衛生もあまり心配なく使用することが出来ます。

モルモットの飼い方で気になるのがケージの値段

モルモットのケージの値段、と一言に言っても、ここはやはり差があります。
安いものだと4000円程度からありますし、高ければ20000円近くになるケージもあります。

高ければ必ずしもいいということではありませんが、耐久性やサイズ、掃除のしやすさなどの魅力があるように思います。

結局安いケージをこまめに買い換えるくらいなら、最初に少々高くても満足して長期間使えるケージの方がいいですよね。

ケージはモルモットにとっては、リラックスする大切な家なので、出来るだけ妥協せずに選んであげたいですね。

モルモットのケージを選ぶときのポイント

ここではモルモットのケージを選ぶとき、注目すべきポイントを紹介していきます。

  • 広さ、高さ
    先ほど説明したように、モルモットが窮屈ではない広さや高さの確保は必要です。
    巣箱などを置いても余裕があれば、問題ないでしょう。

  • 金網がメッシュタイプがおすすめですが、網の幅には注意が必要です。
    あまり網が広いと、子供のモルモットでは抜け出してしまうことがあります。
    脱走して電気コードでもかじってしまっては大変です。また成長してからも頭や体が挟まって、怪我をしてしまう可能性もあります。なるべく狭いものの方が安心して飼育することが出来ます。

  • 床に網があると、足を挟めてしまったり、歩きにくさのストレスを感じてしまいます。
    網が最初から付いているものは、取り外して使用した方が安全です。
  • 素材
    ステンレス製の素材だと、水や汚れを吸収しにくいので、掃除のときも楽に出来ます。
    耐腐食性にも優れているので、長く使用出来ることも魅力ですね。

プラスチックや木の素材は水分や汚れを吸収してしまい、さらに落ちにくいので、清潔な状態を維持することが大変に感じてしまいます。

モルモットの飼い方で大切なのはケージを置く場所

モルモットに適したケージがわかったところで、適した場所に置けなければ意味がありません。

モルモットのケージの置き場所は、静かにリラックスして過ごせる場所です。
臆病で警戒心の強い動物なので、物音の大きな場所や、人の出入りがある場所では落ち着いて過ごすことが出来ません。

  • 出入り口の近く
  • テレビやラジオの近く
  • キッチンや家電の近く

この三ヶ所はモルモットにとっては、非常に居心地の悪い環境です。
出来るだけ静かな部屋に置いてあげましょう。

モルモットはストレスに弱く、置き場所のストレスで体調を崩したり寿命を縮めることもあるほどです。

毎日過ごす場所なので、心地よく過ごせる家にしてあげて下さい。