イングリッシュモルモットの飼い方!飼いやすいと人気の理由

モルモットを飼いたいというお子様と、どんな種類のモルモットにするかお悩みの方も多いと思います。
モルモットにもさまざまな種類があり、見た目も大きく違います。
中でも人気なのがイングリッシュモルモットです。

人懐っこい性格で、初めてモルモットを飼うという方にもおすすめのモルモットです。
そんなイングリッシュモルモットの性格や飼い方、飼う時の注意点などをご紹介します。

モルモットは臆病な性格の動物です。
初めて迎える時には、すぐに触らずにに見ているだけにして、新しい環境になれさせてあげましょう。

モルモットの飼い方を間違えると寿命を縮めてしまう事になる

家族全員のアイドルになっているペットのモルモット。いつまでも家族の一員として癒やしを届けて欲しい...

モルモットの飼い方!一泊二日の旅行に行くときの飼い方と注意点

とっても可愛いモルモット。飼い方もあまり難しくないため、モルモットに毎日癒やされているという飼い主さ...

モルモットの飼い方は?一人暮らしでもモルモットを飼えるか解説

一人暮らしが寂しくてモルモットを飼いたいと思っている女性もいますよね。でも、自分がお仕事などで外出し...

モルモットがトイレの砂を食べるときの対処法とメリット

モルモットがトイレの砂を食べるのを発見してしまったあなた。モルモットはトイレをなかなか覚えられな...

モルモットの中でも人気の『ペルビアン』長い毛のお手入れ方法

モルモット上級者向けの『ペルビアン』品のあるフワッフワの毛並みが、癒やされますよね。...

モルモットの基本的な飼い方と人気の種類【初心者向け】

お子様からペットが欲しいと言われ、モルモットを飼おうかどうかお悩みの方はいませんか?犬や猫のお世...

モルモットは遊ばせ方の工夫でストレスを与えない安全な飼育を

モルモットの遊ばせ方についてどんな風に遊ばせたらいいのかお悩みのあなた。モルモットをせっかく飼っ...

モルモットは音に敏感!ケージを置く場所と怖がる音への対処法

元気なお子さんがいるご家庭でモルモットを飼育していると、お子さんが元気に走り回る音にモルモットが怯え...

モルモットの毛並みが悪いなら定期的なブラッシングとシャンプー

最近モルモットの毛並みが悪いという気がしていませんか。モルモットには、ブラッシングが必要なの...

モルモットの最初の掃除のポイントと効率的にする方法とは

モルモットの飼育をはじめると最初の掃除のタイミングややり方に悩みます。モルモットはよく食べるし、...

モルモットを飼う場合、メリットとデメリットではメリットが多い

モルモットを飼うことについてお悩みではないではないでしょうか。何事にもメリットとデメリットは...

モルモットに服を着せる時のコツと注意点。ストレスに注意して

ペットが洋服を着ている姿はとても可愛いものです。自分が飼っているモルモットにも服を着せてみたいと...

モルモットのデメリットを理解して飼うかどうかを決めよう

子供の友達がモルモットを飼っていることを知って「うちでも飼いたい。」と子供に言われると、モルモットな...

モルモットはカワイイけど飼育は難しい動物です

モルモットはカワイイ見た目とは裏腹に『エキゾチックアニマル』にカテゴライズされています。ですから...

モルモットの飼い方の注意点。ペットを初めて飼う方へ

初めてのペットとしても人気のモルモットですが、お子様から飼って欲しいとせがまれている方も多いと思いま...

イングリッシュモルモットは飼いやすい種類として人気

ペットショップや動物園で見かけるモルモット、実はほとんどがこのイングリッシュモルモットです。
というのも、イングリッシュモルモットが、一番馴れやすく普及しているからなのです。

イングリッシュモルモットの飼いやすさの秘訣などをご紹介

本来モルモットは、外敵に狙われやすい草食の小動物のため、身を隠して生きていました。
そのため、性格は非常に臆病で警戒心が強い部分が見られます。

人に馴れるまでも犬や猫に比べると時間がかかり、ペットを飼ったことのない方だと心配になってしまうほどかもしれません。

そんな臆病なモルモットの中でも、わりと社交的な性格をしているのがイングリッシュモルモットです。
社交的な性格な分、モルモットの中では人に馴れるまで早い方です。

  • 一番普及している種類なこともあり、価格も高くありません。
    2000~3000円前後で販売されていることも多く、ここも飼いやすさの一つと言えるでしょう。
  • イングリッシュモルモットと一言で言っても、毛色にはさまざまな種類があり、そこも大きな魅力の一つです。
    主に白・茶色・黒の毛色が多く、単色であったりミックスされた毛色の個体もいます。
  • 毛色だけではなく、毛質にも違いがあります。
    柔らかい毛のノーマルタイプと、光沢のあるサテンタイプがいます。
  • 毛色の違いや毛質の違いで、同じ種類でもみんな違った可愛さを持っています。

イングリッシュモルモットの飼い方のポイント。エサや体長は

イングリッシュモルモットの特徴や、飼うためのポイントをご紹介

  • 体長、体重
    体長に性別の差はあまり見られず、オスメス共に平均で20~30cmくらいの大きさになります。
    体重にはオスとメスの違いが見られ、オスは平均900~1200gとなり、1kgを超える個体も珍しくはありません。
    メスは少し小さくて、700~900gくらいになります。
  • 寿命
    6~7年くらいの寿命ですが、飼育環境によって短命にも長生きにもなります。
    ケージが不潔になっていたりストレスを感じると、体調を崩したり寿命が短くなってしまいます。
    ですがこのような点に気をつけると、病気をにしくく寿命をまっとうするので、正しい飼育方法を守っていれば飼いやすい動物です。
  • 食べ物
    モルモット用のペレットや牧草を主食とします。
    自分で作り出すことの出来ないビタミンCが補えるペレットや、繊維質が豊富な牧草は欠かせません。
    副菜として野菜や果物を食べます。
    ネギ類、アボカド、ニラ、じゃがいもの芽、加熱していない豆は中毒や消化不良の原因になるので、食べさせてはいけません。
    草食動物なので、肉類は食べません。
  • 仕草
    最初は警戒して、なかなかケージから出てこないことがほとんどです。
    しかし馴れてくると、とても人懐っこく甘えてきたり、後ろをチョコチョコとついてきたりします。
    鳴き声を出してコミュニケーションをとることもあり、キューキュー鳴いたりピューピュー鳴いて、かまってもらえるようにアピールをしてきます。
    警戒していたモルモットがこんな風に甘えてくると、本当に可愛くて仕方ありません。

イングリッシュモルモットの飼い方。ケージの選び方と温度管理

モルモットのケージ選びと温度管理には注意が必要

体長が30cm前後、体重が1kg程の大きさになるので、ケージの大きさもそれなりになります。
高さ40cm×幅60cmくらいのスペースは必要でしょう。

モルモット専用のケージはなかなか販売されていないので、大きさの似ているうさぎ用のケージで代用することがおすすめです。

モルモットは意外と大食いなので、排泄物も量が多いです。
トイレを覚える習性がないので、ケージのあちこちに排泄します。
そのため、複雑な構造をしていない、掃除のしやすいケージを選ぶべきです。

次に温度管理です。
モルモットは暑さと湿度に弱く、温度が30度を超える環境だと命に危険が及ぶほどです

室温が20~26度、湿度が40~60%の環境を過ごしやすいと感じ、この感覚は人間と似ていますね。

イングリッシュモルモットの飼い方の注意点

ケージや温度管理以外にも、イングリッシュモルモットを飼うには注意すべき点があります。

  • 水を欠かさない
    モルモットは水をたくさん飲みます。
    1日に500ml飲むこともあり、いつでも飲めるように用意する必要があります。
    カルキ抜きをした新鮮な水を、朝と夜の二回与えます。
    新鮮でない水は体調を壊す原因にもなるので、特に夏場は気を付けましょう。
  • 繁殖について
    モルモットは成長が早く、生後二ヶ月を過ぎると妊娠出来る体になります。
    生まれた兄弟間をそのまま同じケージで飼育していると、いつの間にか繁殖していることもあります。
    繁殖を望まないときは、生後一ヶ月を目安にオスとメスのケージを分けます。
  • 病気について
    モルモットは尿路結石を発症してしまうことがあります。
    カルシウムが多くなりすぎたり、水分が不足するとなりやすい病気です。
    食欲の低下や元気のなさ、尿の減少が見られたらこの病気を疑いましょう。
  • 噛むこと
    モルモットの歯は、生涯伸び続けます。
    歯が伸び続けると、不正咬合という噛み合わせの病気になってしまいます。
    不正咬合にならないために、モルモットはあらゆるものを噛む習性があるので、噛むと困るものや危険なものは近くに置かないように徹底します。

一番人気のイングリッシュモルモット。他にも人気の種類は

基本的な飼育の方法や注意点は、どのモルモットにも言えることです。
しかし性格や特徴には、種類によっての違いも見られるので、イングリッシュモルモット以外にも比較的飼いやすいモルモットを紹介します。

  • クレステッドモルモット

イングリッシュモルモットと見た目は似ていますが、頭の逆立った毛が特徴的です。
毛色もイングリッシュ同様に、いろいろなバリエーションがあり、みんなそれぞれ違った魅力を持っています。

性格が臆病さが強く、コミュニケーションがとれるまで時間がかかることが多いです。
クレステッドの性格だと、理解してあげることが大切です。

多く普及していない分、価格は少し高めの10000円前後になります。

  • アビシニアンモルモット

イングリッシュやクレステッドに比べ、少し長めの毛が特徴的です。
体のあちこちにつむじがあるので、体全体が逆立った毛で覆われています。
この毛が左右対称になっていると、非常に希少価値が高くなります。

イングリッシュやクレステッドに比べると、ブラッシングをする必要は出てきますが、長毛ではないのでそれほど手間になるお手入れではありません。

性格は馴れると自分から甘えてきたり、後ろをついてくることもあり、モルモットの中では社交的な方です。

価格は毛並みによって違いがありますが、平均だと5000円前後になります。